One of Us

37歳の不妊治療ブログ

*

診察(4)プロゲステロン・ホルモン検査とクラミジア検査

      2015/06/28

一週間ぶりの病院。

この日もぎりぎりに病院に滑り込み。
ホルモン検査と言われていたので、痛かったら嫌だなぁイヤダイヤダと思いながら
待合で10分ほど待ったところですぐ呼ばれる。

あら、早い。ここは不妊治療専門クリニックだけれど
予約制ではないので待つ時はすごく待たないといけない。
でも初診でも予約で数ヶ月待ち、とかではなく行けば見てもらえるのは
間があかないのでありがたい。まずはいつもつけている基礎体温について聞かれるので
アプリを見せて「全然体温上がりません…」と言うと
ふーむ、という顔をしてアプリをちらりと見て
とりあえずホルモン検査をしますか、と。

前回別の病院で受けた検査とは違うんですか?と聞くと
前回はプロラクチンの検査でしたが
今回は着床を助ける働きや高温期に体温をあげる働きをする
プロゲステロンというホルモンを調べるそう。

そして、これはどの方にも聞いているので、と前置きして
クラミジアの検査もしましょう、と。
性病なので、一応気を使ってくれたらしい。

わかりました、と答え、内診室かな、と思ったら
プロゲステロンもクラミジアの検査も
採血一本でわかってしまうんだとか。知らなかった!

また中をガリガリと削られるのかと思っていたのでほっとした。
採血ぐらいならいくらでも我慢できるわ。

ただ、外部に出すので結果がわかるのは次の診察の時。

そして次の診察は生理が始まって7日めぐらいに行って
いよいよ恐怖の「通水検査」。
通水検査とは、卵管造影検査とよく似た検査で、卵管がちゃんと通っているかどうか
生理的食塩水を通して調べる検査のこと。(ちなみに、卵管造影検査は造影剤を注入してレントゲンで調べるため、レントゲンがある施設じゃないと出来ない)
卵管造影検査よりは通水検査の方があまり痛くはないみたい。
もちろん造影検査の方がはっかりわかるけれど
通水検査でも一応はわかるらしい。

通水検査で問題があれば、別の病院できちんと卵管造影検査を調べるということになりそう。

生理が始まって7日めぐらい、茶オリがあるぐらいだったら
問題ないので来てくださいと言われた。

卵管造影検査、通水検査ともに妊娠の可能性がない低温期にする必要があるのだけれど
私は生理が二週間ぐらい続くのにどうすればいいのだろう…と思って
看護婦さんに聞いてみたところ、
それだったら生理が終わる頃でいいです、と言われたのでそうすることに。

高品質マカ

利用者数10,000人以上!「高品質 マカ専門店・ホットストア」。ドラッグストアなどでもマカは販売されていますが、なんとなく買うのはちょっと気恥ずかしい、という人には通販がおすすめ。定期コースなら買い忘れもなく、30日分で2,532円と比較的お求めやすい価格が嬉しい。

よもぎ蒸し湯たんぽ

助産師監修の骨盤湯たんぽ。妊活に冷えは厳禁!お湯を注いで座るだけで、湯たんぽのじんわり温め効果で冷えすぎた子宮・腰周りをじんわりポカポカ温めてくれます。天然よもぎ100%の専用パッドを内側に入れて使うこともできるので、よもぎのハーブ効果でスッキリ。よもぎ蒸し体験が自宅で簡単に味わえます。

 - 体験記(2)転院&検査